iPhoneに音楽だけを転送する方法


嫁が、怪物くんの主題歌と西野カナのCDをレンタルしてきた。「ダウンロードしておいて」と命じられ、「コピーでしょ」と言いたい気持ちをこらえながら、iTunesにダウンロードした。

ダウンロードが終わった事を報告すると、次は「CDへコピーしておいて」と命じられた。「ここはコピーなんだ」と言いたかったが、だまってCD-Rを探した。

が、見つからなかった。

私は「買ってこい」と命じられるのを避けるため、「今日のドライブで聴くんだよね? とりあえずiPhoneにダウンロードしておくね♡」と、相手をひるませて反論させない説得法を使い、なんとか使いをまぬがれた。


iPhoneとiTunesを同期するのは面倒だったので、GoodReaderを使おうと考えた。GoodReaderはバックグラウンドの再生に対応していて、フォルダ内の曲を連続再生する事もできる。

ただ、GoodReaderは再生中の曲を "nowplayng ♪ 怪物くん" というような感じで、Twitterに投稿する事ができない。アルバムビューだったかジャケットビューだったか名前は忘れたが、横にしてパラパラめくるこれも使えない。


iPhoneとPCの同期は面倒だ。

Macや最新のWindowsならそうでもないのだろうが、とにかく私の環境は同期に時間がかかる。連絡先などのチェックを外せばよいのかもしれないが、それすら面倒くさい。なんとかiTunesを使わずにiPodへ曲を転送する方法はないものかと考えていた。

そこで見つけたのが、CopyTransManagerだ。このフリーソフト使えば、iTunesの曲だけをiPhoneと同期できる。以前まではiPhone3Gと3GSにしか対応していなかったのだが、v0.919でiPhone4に対応した。


使い方は簡単。

1.ソフトをダウンロードする


2.CopyTransManagerを起動してiPhoneを接続して曲を登録する

iPodのマークに "+" がついたボタンを選択して、iTunesのフォルダからアルバム(曲)を登録する。
次に、左隣りのiPodのマークに "←" がついたボタンを選択して、iPhoneと同期させる。

これでiPhoneに曲が転送される。



ほどなくして、嫁がレンタルしてきたCDをiPhoneに転送する事ができた。私は家族を車に乗せてドライブに出かけた。

車が山道へさしかかった頃、「さっきの曲を聴かせて」と命じられ、iPhoneのロック画面を解除し、iPodを起動した。

が、残暑厳しいこの時期、風量をMAXにしたエアコンがゴーゴー音を立て、ほとんど音楽は聴き取れなかった。


山道だったので耳鳴りがしている。後部座席から聞こえてくる文句は、ほとんど耳に入ってこない。

私はハンドルを抱え込み、フロントガラスから景色を眺める。

愉快な気分になり、アクセルを踏み込んだ。

かーいかいかい♪


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。