20140116210841 20140116210840  20140116210839 20140330224137    20140117204051   



キーレスキーボードとフリック入力の速さ



SnapKeys社がキーレスキーボードという入力システムを開発している。左右4つのキーを組み合わせて、高速にアルファベットを入力するシステムだ。詳細な仕組みは明らかにされていない。WEBで調べた限りだと、1つのキーには6〜7つの文字が割り当てられ、数字や記号の入力をサポートして、10万語の辞書が内蔵されているとの事。



こちらはテンキーによるアルファベットのフリック入力。日本語のテンキーを利用しているので、変換候補を確定するアクションが必要だ。これを英語の直接入力にして、さらに両手を使えば、キーレスキーボードに勝るとも劣らない速さになるはずだ。


日本語入力はどうだろう。携帯端末はフリック入力が最速だと思っていたが、キーレスキーボードを見ていると他にも可能性があるように思える。



最新ホットエントリー
20101212142328 20101208025842 20101207014358 20101207014356
リストバンドとiPhoneアプリで気持ちのよい目覚めを|wakemate 30秒前を録画するウェアラブルビデオレコーダー|Looxcie LX1 for iPhone and Android 近未来型風力充電システム“iFan for iPhone” Sony Ericsson PSP Phone with Android 実機動画がリーク