読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS Lionのモッサリ感を解消する方法

Mac


20110730100329


Mac OSをLionにしてから、動作が遅くなった。

使用している機種はMacBook Air 2008 Earlyで、CPUはIntel Core 2 Duo、メモリは2GB。現行のMacと比べるとスペックは低い。

それでも、LeopardからSnow Leopardにした時は速くなった。古いハードにとってOSのバージョンアップは諸刃の剣だが、Snow Leopardはインストールした直後からキビキビ動いた。


Lionは違った。

使っているうちに、全体の動作がモッサリしてくる。レインボーマークが回り続けてフリーズする事もある。リリースされたばかりのOSで調整が甘いのだろう。使っているハードのスペックも低い。そう諦めていた。

だが、ある設定を変更しただけでモッサリ感が解消された。

それは、Macの手書き説明書で紹介されていた、再開機能を無効にする設定だ。


冒頭のスクリーンショットにあるように、「システム環境設定」 → 「一般」で、「アプリケーションを閉じて再度開く時にウインドウを復元」のチェックを外す。

これだけで私のMac OS Lionは、キビキビと動作するようになった。

今後のOSアップデートで改善されるかもしれないが、動きがモッサリしてきたら、再開機能を無効にしてみるとよいかもしれない。


20110723235627


この記事をGoogle+でシェア


関連記事