読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

設定した時間にアプリが起動する「Launch Center for iPhone」

iPhone


20120128020531


iPhoneアプリ「Launch Center」が、バージョン1.1でリマインダー機能を搭載した。日常が加速する、大きな進化だ。

例えば、リマインダーで決まった時間に「体重入力」と通知されるよう設定してあるとする。通知を閉じて、アプリWeightbotを起動し、体重を毎日入力する。この、通知を閉じて「アプリを起動する」動作を自動化したい。

それを実現するのが、今回紹介するLaunch Centerだ。


20120128020039


最初にLaunch Centerの通知を設定する。設定→通知の「Appを並び替え」で「手動」を選択し、「通知センターで表示するApp」でLaunch Centerを一番上に置く。通知のスタイルは「なし」にする。


20120128020005 20120128020026


次にLaunch Centerを起動して、右上の「Edit」を選択する。「+ Add New Launch...」をタップして「Launch Website/App」を選択する。


20120128020036 20120128020043


最後に「Title」「URL(アプリや設定)」「Schedule」を設定する。


20120128020050 20120128020046


これで、決まった時間に通知され、通知を開くのと同時にアプリが起動するようになる。


20120128020053 20120128020055


アプリのURLスキームは、URL Schemesで調べるか「weightbot:」のようにアプリ名の後に半角コロンをつけてみる。SafariのURL欄に「アプリ名:」と入力して、起動するかチェックしてみるといい。それでも起動しない場合は、ipaBacklistiExplorerでURLスキームを調べる。

Wi-Fiなど各種設定を起動させたい場合は、こちらのGoogleドキュメントでURLスキームを調べる。

Launch Centerは、URLスキームを設定しなくても、標準でSMSや電話、TwitterやFacebookに対応している。

あなたの日常が加速するはずだ。


具体的な使い方


この記事をGoogle+でシェア


関連記事