20140116210841 20140116210840  20140116210839 20140330224137    20140117204051   



このiPadは誰のもの?


20120320161333


iPad(3rd-Gen)を購入した。

今まで必要だと思わなかったので1st、2ndと見送ってきたが、家族から使いたいという声が上がり購入する事にした。普段パソコンを起動しない人にとって、iPadの大きな画面は魅力的らしい。

新しいiPadの画面は本当に綺麗だ。iPadを使った後にMacBook Air(2008)の画面を見ると、文字が滲んで汚く見える。動作も高速で、マルチタスクの機能を使えば、複数のアプリをすぐに切り替える事ができる。大きな画面をタッチ操作する感覚が気持ち良くて、SafariのWebブラウズが止まらない。

だが、1stが登場した頃から抱いていた違和感はやはりあった。


原因は、iPadがマルチユーザーシステムに対応していない事にある。

このiPadは家族のものであって、私のものではない。Apple IDは家族のものを使い、自分のブックマークやメールは同期しない。ユニバーサルアプリのWebサービスも、iPhoneと同じアカウントでは使えない。家族の中でもプライバシーは保ちたいからだ。

機能制限もナンセンスだ。使う度に設定するのが面倒で、ペアレンタルコントロールが億劫になる。個人毎に構成を保存できたら、どれだけ便利になる事か。


iPadのマルチユーザーシステムについて調べた。


実用的なのかは不明だが、Jailbreakすれば対応できるらしい。


一部のWEBブラウザはパスワードが設定できるとの事。


OSが標準でサポートすべきなのに、なぜ対応しないのだろう。アプリやコンテンツの著作権に問題があるのだろうか。一家に一台ではなく、一人一台のiPadにするAppleの戦略なのだろうか。

いずれにせよ、次期OSでは是非ともマルチユーザーシステムに対応して欲しい。嬉しいサプライズとして。


20120320155557


尚、今回の記事タイトルは「このタブレットは今誰のもの?」をもじった。簡潔明瞭な素晴らしいタイトルで、これ以上のものが思い浮かばなかった。


この記事をGoogle+でシェア


関連記事