読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍リーダーの重さ比較 〜 文庫本/Kindle/iPad mini/etc

Book


20121024235751


iPadは重い。30分ぐらい本を読んでいると手が疲れる。画面は大きくて見やすいが、重さのせいであまり読書する気になれない。そこで登場したのがiPad miniであり、Kindleだ。

今回はiPad miniやKindle、さらにiPhoneや文庫本などの重さを比較した。


軽い順に並べると、

No. 名前 重さ 公式サイト
1 iPhone 5 112g アップル
2 iPhone 4S 140g アップル
3 文庫本(平均) 160g -
4 漫画(新書サイズ) 160g -
5 Kindle Paperwhite 213g Amazon
6 iPad mini Wi-Fi 308g アップル
7 Nexus 7 340g Google
8 Kindle Fire 395g Amazon
9 ハードカバー本(B5) 500g -
10 iPad 3rd Wi-Fi 652g アップル


Kindle Paperwhiteはだいたい文庫本1冊+50g。iPad miniは文庫本2冊に相当。Nexus 7以降はさらに重い。

マルチメディア端末として使うならiPad miniがいい。iOSにはKindleアプリもあるので、明日オープンするKindleストアの本も読めるかもしれない。だが、文庫本2冊は意外と重い。

本を読み倒すならE InkのKindle Paperwhiteがベストだ。文庫本1冊+50g、もしくはiPhone 5が2台。これなら電車で立ったまま片手で読める。

電子書籍リーダーで一番重要なスペックは重さだと思う。


Amazon


Apple