20140116210841 20140116210840  20140116210839 20140330224137    20140117204051   



2台のiPhoneを1台のパソコンで管理する方法



嵐電


5年前の春、窓から桜の木が見えるアパートで私は彼女と同棲をはじめた。ショートカットの彼女は『東京ラブストーリー』の鈴木保奈美のように活発で、『モテキ』の長澤まさみのように可愛い女の子だった。

3年前の夏、スイカのタネを赤い唇につけながら、彼女が思い出したように言った。iPhoneが欲しい。私は少し嫌な予感がしたが、タネに気づかない彼女を愛おしく思い、出かける準備をした。

家には私のパソコンしかなかったので、1つのiTunesで2台のiPhoneを管理する事にした。Apple IDが違えば別々に同期できると思っていたのだが、彼女のiPhoneを繋いで通信が終わった後、青ざめた。私のアプリが彼女のiPhoneに転送されている。

写真や連絡先、SMSもコピーされているかもしれない。井川遥似の人妻と会っている事が知られたら、幸せな生活が終わる。私は慌ててiPhoneを工場出荷時に戻し、それから2年間、彼女のiPhoneをパソコンと繋がなかった。

1年前の秋、風で落ち葉が舞い散る中、私は人妻と別れた。家に帰ると彼女は言う。Facebookのアプリが起動しない。アプリをインストールし直したいが、iPhoneのOSが古いせいでできない。私は上目遣いで見つめる彼女を愛おしく思い、Googleで検索した。

調べれば簡単だった。MacでもWindowsでも、パソコンにログインするアカウントをもう1つ作れば良かったのだ。新しいiTunesを起動して、彼女のiPhoneから購入したアプリや音楽を転送し、iOSをアップデートした。

今年の冬、東京で記録的な大雪となった日、彼女が突然別れを告げた。Facebookで新しい彼氏を見つけたそうだ。彼女は別れる時も元気で、1日で荷物を片付け家を出て行った。

結局私は、2台のiPhoneを1台のパソコンで管理する方法を学んだが、2人の彼女を同時に管理できない事も知った。窓の外は暗く雪が降り積もっていたが、遠い雲の隙間から光が少し差し込んでいた。


関連記事