読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトバランス「白熱電球」

Camera Essay

Papaver rhoeas


ホワイトバランスを調整して、写真に青色を加える方法を覚えた。

本来ホワイトバランスは、人間の目で見る白色を忠実に表現する設定。

人間の目は環境が変わっても白色を白色と認識するが、実際は光源によって色温度は変わる。


Betta


太陽(約5000K)の下で見る白色を基準にすると、電球(約3000K)の下では赤味が増し、日陰(約7000K)では青味が増す。

逆に、電球の下で青色を加え、日陰で赤色を加えて、より白色に近づけようとするのがホワイトバランスだ。


Lavender


この青色を加える仕組みを利用すると、清涼感のある写真を撮ることができる。

今回載せた写真は、いずれも明るい場所で「白熱電球」の設定で撮影したもの。露出を上げて光の量を増やすと、よりハイキーな写真に仕上がる。


Betta


RAWで記録すればアプリで変更することもできるが、やはりその場で考えて撮るのが楽しい。


使用カメラ・レンズ