読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらば、SIGMA 35mm F1.4 Art

Lens Essay

lenses


(熱心な読者がいればの話だが)お気づきかもしれないが、最近レンズばかり買っている。50mm90mm20mmと立て続けに購入し、ようやく必要な焦点距離を揃える事ができた。

これらはすべてカメラのキタムラで購入した中古レンズだが、中古といっても総額10万はする。そんなお金がどこにあったのかというと、EOS 6Dと一緒に購入したSIGMA 35mm F1.4 Artを売却したのだ。

私には35mmは早かった。35mmのスナップは、背景を整えながら主題を強調しないと、平凡な風景写真になってしまう。ポートレートを撮るには被写体に近づきすぎるし、これ一本で様々なシーンをカバーするには、技術と経験が必要だった。

その点、20mm、50mm、90mmがあれば単純だ。被写体と自然な距離を保てる50mmを基準に、広く撮りたいときは20mm、寄りたいときは90mmと、目的に合わせた使い分けができる。

35mmに対する憧れはまだあるので、経験を積んでからまた挑戦したい。それにしても、35mmを一本売却して少し足せば、20mm、50mm、90mmが揃うとは。色々な意味でレンズの深さを思い知った一ヶ月だった。

Canon EF20mm F2.8 / SIGMA 50mm F1.4 / TAMRON 90mm F2.8(Amazon)