読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

X100Tのブラケティング撮影とフィルムシミュレーション

X100T Camera

DSCF9384


FUJIFILMのX100Tには、ブラケティング撮影の機能がある。設定できるのは次の5項目。

  • AEブラケティング
  • ISOブラケティング
  • フィルムシミュレーションブラケティング
  • ホワイトバランスブラケティング
  • ダイナミックレンジブラケティング

私が好んで使っているのはフィルムシミュレーションのブラケティング。X100Tには12種類のフィルムシミュレーションがあり、予め決めておいた3つが1回の撮影で保存される。

  • PROVIA
  • Velvia
  • ASTIA
  • クラシッククローム
  • PRO Neg. Hi
  • PRO Neg. Std
  • PRO Neg. Std
  • モノクロ
  • モノクロ + Yeフィルター
  • モノクロ + Rフィルター
  • モノクロ + Gフィルター
  • セピア


DSCF9385


冒頭の写真はお気に入りのクラシッククローム。上の写真はモノクロ + Rフィルターで、下の写真はPROVIA。


DSCF9383


FUJIFILMはフィルムを供給しているメーカーだけあってJPEGの色味がいい。ブラケティング撮影とフィルムシミュレーションを組み合わせれば、好みの絵がだいたい見つかる。X100Tを購入してまだ日は浅いが、早くも手放せない機能になった。

FUJIFILM X100T