20140116210841 20140116210840  20140116210839 20140330224137    20140117204051   



一眼レフカメラのデジタルが加速する『iPhone Flash Dock』

20120417223629

以前、一眼レフカメラのレンズをiPhoneにマウントする『Turtleback』が話題になったが、次に登場したのは、一眼レフカメラにiPhoneをマウントする『Flash Dock』。


20120417223625


カメラのフラッシュ取付け部にFlash Dockをセットして、iPhoneをマウントする。ホットシューの接点で通信するわけではないが、iPhoneの機能を利用してカメラの撮影をサポートする。



20120417230724  20120417230725


例えばこんな使い方。

  • iPhoneのGPSを利用して写真にGEOタグ(撮影位置情報)を付ける。方法は2つ。iPhoneアプリEveryTrailなどでGPXファイルを保存して、写真にマージする。もしくは、一眼レフカメラにBlueSLRを接続して、撮影と同時にGEOタグを付ける。
  • iPhoneアプリDual Levelを水平器として使う。
  • カメラで動画を撮る時に、iPhoneをノイズキャンセラ付きのマイクとして利用する。
  • iPhoneアプリSeismometer 6を震度計として使ってブレを防ぐ。


20120417223630


価格はUS$39.00。販売はオフィシャルサイトで。日本への発送可否は直接問い合わせてみて欲しい。


20120417223628


昨日、iPhoneが一眼レフカメラのリモートスイッチになる『Trigger Happy』を紹介した。長時間露光で撮影する際、iPhoneをどこに置いておくのだろうと疑問に思ったが、すぐに答えが見つかった。

『Flash Dock』と『Trigger Happy』を組み合わせると、一眼レフカメラのデジタルが加速しそうだ。


この記事をGoogle+でシェア


関連記事