読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google+ Tips集

SNS

20110701174323


Google+が面白い。

Google+は、Twitterのように知人が増えて飽和する事もなく、Facebookのように友達を限定して閉鎖的になる事もないだろう。

理由は「サークル」に操作する楽しさがあるからだ。


これはサークル機能を紹介した動画だ。



友達をサークルに追加したり、サークルを削除する時のアニメーションが気持ちいい。

iPhoneやMacを使っている時の心地よさに通じるところがある。

それもそのはず。Google+はMacintoshのオリジナル開発メンバーがデザインしたらしいのだ。

その名はアンディー・ハーツフェルド。


誰?


今回はGoogle+のTipsを集めた。

気持ち良さも大事だが、システムの理解もまた重要だ。


1. イントロダクション

      時代を先取ったのは、やはりイケメン佐々木氏だった。


2. アンディー・ハーツフェルド

      この人か。


3. サムネイル画像の選択

      サムネイル画像もこだわりたい。


4. 文字修飾


5. 招待

      7月2日夜以降、この穴も塞がれて、相手にメールが届かなくなった。


6. ビジュアル

      やってみたが黒のほうがカッコいい。


7. iPhone

      WEBでこれだけ使いやすいGoogle+。iPhoneアプリも早く出て欲しい。


8. +1ボタン

      「+1」ボタンはTwitterの「ふぁぼ」と同じで、ログとして残るがストリームには流れない。Facebookの「いいね!」のように拡散しない。前回と今回の記事に「+1」ボタンをつけた(iPhoneでは見えない)。本当はストリームにも流れる「共有」ボタンをつけたいのだが。


9. 番外編

      ・・・


10. Google+への投稿をFacebookとTwitterにシェアする

      Chromeの拡張機能。導入すると「Send to」というボタンが現れる。TwitterとFacebookへ簡単にシェアできる。これは便利。


11. Google+のオリジナル短縮URLを取得する


12. ChromeでGoogle+の通知バッジをいつでも確認する

      これは便利。ますますChromeとGoogle+のシェアが拡大しそうだ。


13. Twitterの呟きに+1をつける

      すべてのログをGoogle+に...私の環境では動作しなかった。


ブログのサイドバーにGoogle+のリンクを作った。


アカウント名はRyoAnna Pulse


Google Plusのパロディだが、おそらく誰も気づかない。




この記事をGoogle+でシェア



関連記事